夏はお腹の調子が悪くなりやすい季節

数ヶ月前から、食事の時に野菜から食べ始めるようにしています。そこである程度お腹が満たされてきたら、次にタンパク質のおかずを食べます。

そして最後にご飯などの主食の炭水化物を食べます。こうすることで、以前よりもかなり主食の量を減らすことができています。

ただし、朝食や昼食の主食の量は変えずに、夕食だけこれを実践しています。これを続けることで睡眠の質を高めることができ、胃腸の調子も良くなってきました。

しかし、最近は暑くなってきたことから、つい冷たいものを飲んでしまいます。暑い場所にいて、汗をダラダラとかいているような状態ならばこの方が良いかもしれません。

しかしエアコンの効いた涼しい部屋にいる時は、これだとすぐにお腹を壊してしまいます。そのため整腸剤を時々飲んで、お腹の調子を整えています。

私はヨーグルトや納豆などの乳酸菌の入った食べ物を摂るようにしています。夏はこれ以外にも胃腸のケアが必要なようなので、気を付けたいです。

コメントは受け付けていません。